【!?】これが「ウーバー」が見据える車社会のヤバい未来・・・


配車アプリ「ウーバー」が見据える車社会のヤバい未来 MONEY PLUS

~(略)~

ウーバーが見据えているのは、自動運転車が登場する未来です。2022年には人間の運転が必要ないレベル5の自動運転車が出現するといわれています。同社は、それが社会全体に浸透するには10年ぐらいかかると見ているようですが、そうなれば自動車社会には大きな変化が起きます。

自動運転車の普及で車社会は激変

自動運転車が世の中の大半になるぐらい普及すると、どのようなことが起きるのでしょうか。ウーバーは、自動車の台数が9割以上も減ると考えているようです。

米国は車社会ですが、車がなければ生活できないからこそ、大量の車が走っています。ところが、その車の大半は駐車スペースに停まっています。ライドシェアの形で車を多数の人々で共有するようになれば、世の中に必要な車の台数は劇的に減少します。

しかも、自動運転車なら運転手が必要ありません。ウーバーで呼べば、近くにいる車が自動で迎えに来てくれる。車の稼働率が格段に上がる未来が予想されます。

しかしそうなると、ウーバーに登録している運転手は皆、失業してしまいます。その変化が10年ぐらいかけて

~(略)~

https://moneyforward.com/media/career/54452/
続きを読む